news

お知らせ一覧

軽天工事とは?

ブログ
みなさん、軽天工事とは一体どんなものかご存じでしょうか?ひとことで言いますと、「軽量鉄骨材で造った内装の下地」のことです。 鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造、鉄骨造、木造などほぼ全ての構造体の天井下地・壁下地として使われていてたいへん施工しやすい材料です。現在建てられている、鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄筋コンクリート造鉄骨造の建物のほとんどに軽天が使われています木材による下地工事よりも、...
もっと見る

内装工事の耐用年数と減価償却について

ブログ
新規開店が決まり、テナントを借りて内装工事をするとき知っておきたい会計処理があります。内装工事費は、あやふやにしておくと確定申告の際に誤った処理をしてしまい損をしたり修正の必要が出てきたりする可能性もあります。内装工事は、会計上では「資産」という考え方をしますので「耐用年数」についての考え方は知っておきたいところです。 「耐用年数」は、言葉のうえでは「使用に耐えうる年数」ですが会計上では社会的に...
もっと見る

内装工事は具体的にどんなことをするの?

ブログ
内装工事は躯体が完成した後の景観を整える工事と解釈すればよいでしょう。 骨組み部分はすでに出来上がっていますので、あとは石膏ボードを張り付けたり、クロスを張り付けたりといった作業がメインです。 ご要望によっては防音材を取り入れたり、断熱材を取り入れるケースもあります。 クロスは薄い壁紙のことです。表面にしわを入れることなく、平らに貼り付けることで綺麗な内装が完成します。 できるだけ大きいサ...
もっと見る

軽天工事に木材は使わない?その理由とは

ブログ
一般家庭の天井を施工する際は木材が使われています。そして石膏ボードなどを設置してクロスを貼り付けるという方法が一般的です。鋼材や鉄鋼材は使わないケースが多いです。 しかし、ビルや商業施設などの天井は軽量鉄骨材が使われています。 理由としては2つあり、耐火性、耐久性を重視しているからです。 例えば、商業施設で木材のみの天井になっていたら火災が発生した時に、広範囲に燃え広がってしまう可能性があり...
もっと見る

軽天工事とは?工事方法を紹介!

ブログ
軽天工事は天井部分に軽量鉄骨資材の天井ボードを使って施工していく仕事です。天井ボードが非常に軽い素材で作られているので軽天と呼んでいます。 ボルトやジョイントで止めて固定していく方法が一般的です。天井ボードだけをつなぎ合わせて施工完了とするケースもありますが、天井ボードを取り付けた後にクロスを一面に敷いて、つなぎ目を見せないようにするケースもあります。一般の戸建て住宅などは、ほとんどクロスが使わ...
もっと見る

株式会社K.I.D(ケーアイディー)

ニュース
京都を中心に関西圏で内装工事・軽天工事を依頼するなら|株式会社K.I.D
もっと見る